生命保険 比較をする際に忘れていけない養老保険について

生命保険 比較をする際に忘れていけない養老保険について

生命保険への加入を考えている場合に行うのが生命保険 比較です。
生命保険 比較をするうえでおさえておきたいのは、生命保険には主に3つの種類があるということです。
定期保険と終身保険はよく比較対象になるのですが、一方でなかなか出てこないのが養老保険というものです。
では、養老保険とはいったいどのようなものなのでしょうか。
メリット、デメリットについて記したいと思います。

養老保険は保障と貯蓄を兼ね備えた生命保険のことです。
例えば、養老保険が60歳満期で、死亡保障が1千万円だったとします。
60歳までに死亡した場合には死亡保障を受け取ることができます。
もし60歳の満期を迎えた場合には満期保険金として死亡保障の1千万円を受け取ることができるというのが養老保険なのです。

では、どのようなメリットがあるのでしょうか。
それは貯蓄性が非常に優れているということです。
保障も兼ね備えていながら貯蓄できるので老後のための資金を準備するために利用することができます。
リターンはそれほどありませんが、ローリスクで資金を貯めることができます。

一方でデメリットとしては、毎月の保険料が高いということです。
そして途中で解約する場合には支払った分の保険料よりも少ない金額しか戻ってきません。
つまり、満期前に解約する必要が発生した場合は、損をしてしまうのです。

最新のお知らせ

  • [2016年12月01日]
    ホームページを更新しました。

  • [2016年12月01日]
    運営者情報を追加しました。